美味しい仕事が・・・

ランサーズのサイトで『仕事を探す』をクリックして、できそうな仕事をお気に入りに入れてプロジェクト型とタスク型の仕事をこなしています。

ライティングが1000文字などは作業時間がかかる割に単価が安いので、なるべく高単価で効率がよい仕事を探すことになります。

そして、ごくたまに美味しい仕事に出会うことがあります。

それはこういうものです。

3アルバイト メリット

アルバイト メリット2

作業はスプレッドシートで以下のように行います。

『奈良』、『夜間』という2つのキーワードと『アルバイト』と『バイト』の文字を1~4文字入れて仕事の内容を220文字~240文字以内。
『奈良』『夜間』のキーワードと『アルバイト』『バイト』の文字を1~4文字入れて仕事のメリットを220文字~240文字以内。

文字数が500文字以内で400円という単価はなかなかありません。

おまけに大量に短時間で作業できます。

私がこの仕事を始めたときには1週間ほどで30記事を書いてすぐ12000円(手数料をひくと9600円)手に入って嬉しかったです。

しかし後に厳しいチェックが入り書いたものを何度も直していたので、後の作業時間は最初の3倍になってしまいました。

しばらくしてチェッカーさんが記事の直しをしてくれることになったためにこのプロジェクトは大人気となって作業人数が3倍になりました。

そのためかどうかわかりませんけど、後5本書けば終了というところで仕事が無くなり、

クライアントから強引に【動画記事案件】という場所へ案内されています。

YouTubeの動物の動画を見て静止画を4~6枚、動画を2本以上取り込んで400~600文字でストーリーを書くというもので1本単価500円です。

先ほどこのお仕事のトライアルを先ほど終わりました。

私は画像キャプチャーは得意な分野だったのでよかったのですが、

私のようにこの案件に回された人は次々にギブアップ宣言をされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BizStudio by Sketch Themes