フリーランスの1日

私のフリーランススタイルが確定したのは前の仕事を辞めてから半年後でした。

会社勤めだったら始業時間がありますがフリーランスにはありません

それでも一定のリズムを確定させると仕事の配分などを自分がコントロールしやすくなります

私の場合、午前4時か5時に目覚ましなしで起きます。

目覚ましの音は頭をイライラさせるので使いません。

これがフリーランスの最もよいメリットだと思っているくらいです。

モニターを行っているホワイトニングで歯を丁寧に磨いた後、鼻の漢方薬とドクダミ茶を一緒に飲みます。コーヒー用のお湯を沸かし、コーヒーをパソコンの横に置いたら作業開始です。

やりかけの仕事や夢でうなされた仕事から始めます。

朝一番は最も効率が上がるので、大体やりたくない長文のライティングか、使ったこともないソフトを導入してスプレッドシートに記入するとかの仕事から入ります。

そのうち嫁が起きてきて、子供たちの学校へ行く準備や朝食の準備を始めます。

その間はテレビを耳で聞きながら、パソコンを打っています。

子供と一緒にご飯を15分ほどで食べて15分ほど新聞を読んで、またパソコンへ。

高校生、中学生の子供を午前7:25分、小学生を7:25分に家から見送りまたパソコンへ。

午前9時過ぎにいったん休憩

外に10分ほど出て運動

お昼までパソコン仕事です。

お昼からはタスク型の単純作業または銀行、郵便局、市役所へのお出かけです。

夕方4時からは1時間のジョギング

帰った後は自由時間。

たまにパソコン画面を見てランサーズで募集している仕事をボヤーっと見ながら

お気に入りにしていきます。

午後10時就寝という生活を繰り返しています。

週1回はお休みにして山登りに行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BizStudio by Sketch Themes