留年の経験を書くだけの仕事。

私は貧乏学生で、35年前に留年経験もあります。

こんな案件を見つけました。

自分の留年経験と、大学生へのアドバイスの記事  

1500文字以上302円です。

半年間の休学とパチンコ屋勤務、大学で落とした単位を1年後に取って進級したこと、就職に際して留年はマイナスイメージではなかったことを淡々と綴りました。

自分の留年経験がお金になる時代が来るとは思ってもいませんでしたね。

しかしこの仕事をして1時間も立たないうちにクライアントから「ありがとう」が届き、入金もあっという間に済んでいました。

ちょっと興味が出てきてクライアントの経歴を見てみました。

20代前半女性、業種はWebコンテンツ提供・ASPとあります。

依頼数、発注数は私とそれ以外の1件だけ。

そして↓

a11a60fcfca9446038c5aa39cc44e41c

ほとんど身元を証明していないこと、登録してから間もないことや時期を考えると、

このクライアントは、留年になってしまった大学生男子ではないだろうかと予想しました。

このクライアントに、私のほろ苦い若いころの留年記事が役に立てることを願いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

BizStudio by Sketch Themes